北海道吹奏楽プロジェクト役員プロフィール

米谷久男:北海道吹奏楽プロジェクト特別顧問

元札幌白石高等学校 吹奏楽部顧問。
元札幌大谷大学短期大学 教授。






櫻井匡:札幌管楽ゾリステン代表/北海道吹奏楽プロジェクト顧問

北海道教育大学卒業、東京芸術大学別科修了。第2回ハイメスコンクール第2位。1990パシフィック・ミュージック・フェスティバル・オーケストラメンバー。トランぺットを杉木峯夫、大倉滋夫、マルティン・クレッツァー、松田次史各氏に師事。現在、北海道教育大学非常勤講師、HBCジュニアオーケストラ金管楽器講師。




木田恵介:札幌管楽ゾリステン常任指揮者

札幌日大高等学校 吹奏楽顧問。
北海道吹奏楽連盟 事務局長。






笠原禎:北海道吹奏楽プロジェクト音楽監督/札幌管楽ゾリステン音楽監督

東京芸術大学卒業。同大学院修了。99年まで同校などで講師を歴任。91年PMFオーケストラに参加。92年ハイメスコンクール第2位入賞。04年より札幌北高等学校教諭。同校吹奏楽部にて様々な賞を受ける。これまでにファゴットを高橋勝夫、坂口聡、霧生吉秀の各氏に、ピアノを米元えり、黒川武、八木田奈緒美、武藤敏郎の各氏に、室内楽を海鉾正毅、中川良平、山本正治の各氏に師事。



畠中秀幸:北海道吹奏楽プロジェクト代表/札幌管楽ゾリステンプロデューサー

京都大学工学部建築学科卒業、同大学院修士課程修了。03年建築設計及び音楽企画事務所「スタジオ・シンフォニカ」設立。建築家として札幌市都市景観賞などを受賞。音楽面では中高時代に個人コンクールにて全道大会金賞受賞。その後各種リサイタルや「ウィンド・シンフォニカ of サッポロ」結成などの企画を行う。1年程前に脳卒中を患うも、療養しながら活動を継続している。